スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ワニ・クロコダイル生態

2006.04.24(12:06)
ワニ・アリゲーター


ワニは、脊索動物門 脊椎動物亜門 爬虫綱 ワニ目に属する動物の総称。熱帯から亜熱帯にかけて23種が分布し、河川、湖沼、海岸やなんかに生息するぜ。水場からあまりはなれることはねぇぜ。なげぇ吻と扁平ななげぇ尾を持つ。背面は角質化した丈夫な鱗で覆われており、目と鼻孔のみが水面上に露出するような配置になってやがるぜ。イリエワニでは全長6mに達する記録もあるが、キュビエムカシカイマン、ニシアフリカコビトワニやなんかの小型種では、1.5mほどで成熟するぜ。

【生態】
おもに魚類、甲殻類、貝類といった水生生物や、水場に現れた爬虫類、哺乳類やなんかを捕食するぜ。水中では四肢を体側に密着させて、体を大きく波打たせ、尾を左右に振り、すばやく泳ぐ。水面に浮かび、岸辺に近づく動物を待ち構えてやがることが多いぜ。尾の力を利用して水面上に飛び上がることもできるぜ。陸上では鈍重なイメージがあるが、短距離ならば意外なほどの高速で移動できるぜ。陸上で日光浴をしてやがるときは、口を大きく開けてやがることが多いが、こいつぁ体温調節のためであるぜ。アフリカのワニチドリつう鳥は、ナイルワニの口の中の餌の残りをついばみ、ワニの口の掃除をしてやがるとされ、共生の例として取り上げられることもあるが、実際には積極的についばむ行動はほとんど観察されなかったつう報告もあり、懐疑的な意見もあるぜ。繁殖期のオスはメスを誘うために大きな鳴き声を上げ、幼体は危険を感じると独特の鳴き声でメスを呼ぶやなんか、個体間のコミュニケーションが発達しており、爬虫類の中でもっともも社会性があるといわれてやがるぜ。メスは産卵のために巣を作り、卵が孵化するまで保護したり、孵化直後の幼体を保護する種類もあるぜ。またオスはペニスを持つ。強力な免疫機構を持ち、不潔な泥水の中で手足を失うような大きな傷を受けても、重篤な感染症はほとんど発生しねぇ。1998年にワニの血液中のいくつかの抗体がペニシリンに耐性をもってちまった黄色ブドウ球菌やなんかを殺菌することが報告され、ワニの血清はHIVウイルスを無力化する能力をもつことも明らかにされてやがるぜ。

【文化】
神話、伝承
ワニの生息する地方では、水泳中の人間が襲われることもあり、ワニは邪悪な動物、魔性の動物とされてやがることが多いぜ。一方で、ワニを神聖視することもまたよく見られ、世界中にワニの姿をした神があるぜ。古代エジプトでは、ワニは豊穣や、ナイル川そのものを象徴し、テーベではワニの頭部を持つセベク神の信仰が盛んだった。神殿ではワニが飼育され、神官が餌を与え、多数のワニのミイラが作られた。 インドにもワニを神聖な生き物として飼う寺院があるぜ。本朝の、船の守護神である海神の金毘羅さんも、サンスクリット語でワニを意味するクンビラげ恭来するつうってんだ。中国の伝説上の動物、龍のイメージの原型は、絶滅したマチカネワニじゃねぇかつう説もあるぜ。また、パプアニューギニア、インドネシア、カメルーンやなんか世界各地に、ワニを俺の氏族のトーテム(祖霊)として祀る人々がいるぜ。ブラジル・アマゾン川流域ではワニのペニスは幸運を呼び込むものとして祀られてやがるぜ。西洋では、ワニは涙を流して獲物を油断させるつう伝承があり、「ワニの涙」は、偽りを意味した。 本朝ではかつて「鰐」つうセリフはサメを指していた。このことは現在でもサメをワニと呼ぶ地方があることや、全国各地の海岸に「鰐が淵」といった地名があることからも知られるぜ。

利用
ワニの肉は珍味として貴族、王族やなんかに賞味されてきた。ワニの革は盾、甲冑に貼られてきた。現在では鞄、ベルトやなんかに加工されて利用されてやがるぜ。けどよ、過度の採集圧のため天然資源は著しく減ちっとた。現在では野生個体は保護され、全種がワシントン条約にリストアップされてやがるぜ。各地で養殖が行われていて、個体数が回復したケースもあるが、密猟と生息地の開発のため、絶滅が危惧されてやがる個体群、種もすくなくねぇぜ。ここんとこでは、ワニの強力な免疫力を応用して、ワニの血清をHIVの治療に役立てようとする動きもあるぜ。

【分類】
現生のワニ目はアリゲーター科、クロコダイル科、ガビアル科の3科に分けられることが多いぜ。このうちガビアル科は他の2科と比べてどえれぇ特異な分類群とされ、古くせぇ形質を残してやがるとも、逆に特殊化が進んでいるとも言われてきた。けどよ、形態形質の詳細な比較と再評価から、クロコダイルとガビアルが近縁であり、ガビアルはクロコダイル科に含まれるとする説もあるぜ。ワニの祖先である原鰐類は三畳紀に登場し、中生代の地層からはさまざまなワニの化石が発見されてやがるが、それらの系統関係には諸説があり、一致した見解は得られていねぇようであるぜ。

アリゲーター科 Alligatoridae
アリゲーター亜科 Alligatorinae
アリゲーター属 Alligator
アメリカアリゲーター Alligator mississippiensis American Alligator
ヨウスコウアリゲーター Alligator sinensis Chinese Alligator

カイマン亜科 Caimaninae
カイマン属 Caiman
メガネカイマン Caiman crocodilus Common Caiman
メガネカイマン Caiman crocodilus crocodilus Bespectacled Caiman
パナマメガネカイマン Caiman crocodilus fuscus Brown Caiman
アパポリスカイマン Caiman crocodilus apaporiensis Rio Apaporis Caiman
パラグアイカイマン Caiman yacare Yacare Caiman
クチビロカイマン Caiman latirostros Broad-snouted Caiman
キュビエムカシカイマン Paleosuchus palpebrosus Cuvier's Smooth-fronted Caiman
Paleosuchus trigonuatus Scheider's Smooth-fronted Caiman
クロカイマン Melanosuchus niger Black Caiman

クロコダイル科 Crocodylidae
クロコダイル亜科 Crocodylinae
クロコダイル属 Crocodylus
アメリカワニ Crocodylus acutus American Crocodile
アフリカクチナガワニ Crocodylus cataphractus Slender-snouted Crocodile
オリノコワニ Crocodylus intermedius Orinoco Crocodile
オーストラリアワニ Crocodylus johnstoni Australian Freshwater Crocodile
フィリピンワニ Crocodylus mindorensis Philippine Crocodile
モレレットワニ Crocodylus moreletii Morelet's Crocodile
ナイルワニ Crocodylus niloticus Nile Crocodile
ニューギニアワニ Crocodylus novaeguineae New Guinea Crocodile
ヌマワニ Crocodylus palustris Mugger/Marsh Crocodile
イリエワニ Crocodylus porosus Estuarine/Saltwater Crocodile
キューバワニ Crocodylus rhombifer Cuban Crocodile
シャムワニ Crocodylus siamensis Siamese Crocodile
コビトワニ Osteolaemus tetraspis Dwarf Crocodile
マレーガビアル(ガビアルモドキ) Tomistoma schlegeli False Gharial/Gavial

ガビアル亜科 Gavialinae
ガビアル属 Gavialis
インドガビアル Gavialis gangeticus Gharial
スポンサーサイト



<<卵を産むクロコダイル ワニの産卵1 | ホームへ | ワニに会って来てください動画>>
コメント
ご返答が遅くなりました

ワニは爬虫類に属しますぜ!
ワニ目のクロコダイル科などで日本語では種分けするみたいだぞ!!
【2007/02/18 08:19】 | Mr.ラコステ #- | [edit]
このコメントは管理者の承認待ちです
【2010/10/31 06:24】 | # | [edit]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
| ホームへ |
ワニ・クロコダイル検索

ワニ・クロコダイル・アリゲーター画像、動画、動物園等の情報はたくさんあります。検索してみましょう。

Google

ワニ動画・画像・図鑑一覧
クロコダイル最近動画記事
ワニ・アリゲーター月別動画
カイマン動画RSSフィード

XML

My Yahoo!に追加

Add to Google

ワニ動画アクセスランキング

アクセスランキング

ワニ画像動画とのリンク
Mr.ラコステの自己紹介

Mr.ラコステ

Author:Mr.ラコステ
私は静岡県にあるワニ、カイマン、クロコダイル、アリゲーターが観れる熱川バナナワニ園に年間で3~4回、過去も含めて40回以上も足を運んでいるワニオタクです。ディスカバリーチャンネルやアニマルプラネットのビデオ動画を購入しては、ワニ動画を日々チェックしています。そんな私のことを世間は、オタクや秋葉系などと罵ります。ワニ動画は全てYoutubeに掲載されているものです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。